コンビニ夜勤バイトが実は狙い目って本当!?

そもそもコンビニバイトとは

コンビニバイトの仕事内容はレジ打ち、店舗清掃、商品の発注・陳列、惣菜作成、公共料金等の支払受付など多岐にわたります。スーパーのレジ打ちの場合だとあまりレジから動くことはないことを比較すると一人でやる事が幅広いのでスペシャリストよりはゼネラリストが求められている仕事ですね。1店舗あたりの人数が少ないコンビニならではの特徴といえるでしょう。24時間営業の店舗が多いなどの理由でシフト制を採用しています。

夜勤が狙い目な理由とは?

ここまではコンビニバイトの説明でしたが、夜勤バイトのメリットについてお伝えします。夜勤のメリットはまず時給が高いことです。というのもこれは労働基準法で定められていまして、23時から5時までの間は通常の25%割増の賃金を払わないといけない、ということになっているんです。もちろん通常時の賃金が最低賃金を割ってはいけません。また、深夜は昼間より客数が少なくなるのでじっくり仕事を覚えられるのもメリットといえそうです。

コンビニ夜勤バイトの注意点

色々とメリットを語ってきた夜勤バイトですが注意点もあります。夜間の仕事になるため体調管理には一層注意しなければなりません。昼夜逆転生活というのは思いの外体力を消費します。また、夜間は酔っ払った客や強盗などのリスクもあります。強盗に遭ってしまった場合は相手を逆上させないようにレジ内のお金を渡して、犯人の身長や車のナンバーなどをできる範囲で記憶し、自分の身の安全が確保されてから通報すればよいとマニュアルがあるそうですが、いざという時にとっさに行うのはなかなか難しいですね。

コンビニのバイトとはコンビニエンスストアでアルバイトをすることです。インターネットのアルバイトの検索サイト等で求人が出ています。