海外で保育士として働いてみることも経験かも。

求人があるかどうか電話で問い合わせてみる。

日本の保育園で数年働き、基本中の基本は、働きながら勉強させてもらい、彼氏のいたのでもうそろそろ結婚かぁーと思ったけれど、自分はまだ世界のことなんて何も知らない。結婚してしまったらもう世界がどうなっているかも見にいけなくなるかもしれない。と思って、思い切って自分の好きな国にある日本人系の幼稚園に問い合わせてみました。始めは、求人の募集はしていません。との返事でしたが、免許のコピーや履歴書を送らせてもらいました。

数日後、見学だけでも。

数日後に、見学だけでもさせてください。と電話したら、いいですよ。とのこと。さっそく指定された時間に見学し、見学だけでなくついつい普通にこどものお世話や食事の手伝い、おトイレに連れて行くなどして時間を過ごしました。かえりぎわ、園長先生から、夕方の延長保育ならバイトして見る?とお誘いを受け、早速夕方からバイトし始めました。語学学校へも通っていたので、夕方からのバイトがわたしには好都合でした。3ヶ月ほどバイトしたと思います。

ちょうど年始からだったので。

バイトを始めたのが年始で、年長さんは3月の卒園式を控えていて、年長は園長先生が受け持っていたのですが、事務処理やなんやらで忙しいこともあり、年長のクラスを以前に経験しているわたしだったので、すぐに、朝からの勤務に入り年長さんのクラス担任になりました。海外ではあまり保育士免許を持っているひとは少なく、日本の免許を持ったひとがいると、父兄のひとも安心するみたいです。よく、日本の子供達の成長と比べてどうですか?とアドバイスを求められることもよくありました。

保育園の求人について調べているなら、件数が多いので、全国の情報を知ることができます。求人サイトには、詳しい応募要項も載っています。