保育士になるためには免許が必要!その免許取得の方法を解説

保育園で働く保育士の魅力と免許資格

女性に一定の人気がある仕事が保育士という仕事ですよね。小さい子供をあやしたり、一緒に遊んだりして、その子供の家族に変わって面倒をみる仕事です。特に母性本能が強い女性に向いている仕事で、そこで働く人の多くが女性となっています。子供が好きな方には、天職にふさわしい仕事と言えるでしょう。そして、そのような保育士になるためには、資格免許が必要です。多くの子どもたちの面倒を見るだけでなく、その成長を見守る責任のある仕事ですので、無資格で働く事は出来ません。

保育士免許資格を取得するルートは二つ

現在は、保育の免許資格を取得するルートは国が指定した学校で、決められた課程を全て修了する方法と、国家資格に合格する方法とがあります。前者が一般的な保育士免許資格を得る方法で、専門学校などに通い、免許を取得して保育園で働く人が多いです。後者の方法は受験資格があり、該当しない方は受けられないというのが難点ですが、マイペースで勉強する事が出来るため、家事育児をしつつ取得を目指す時には便利な手段になってきます。

免許取得の受験資格の確認や過去問を見よう

また、保育士になりたいという方は、保育士の試験を実施している協議会のページを参考にすると良いでしょう。そこには詳しい受験資格が書かれていますので、自分が応募することが出来るか確認することが出来ます。過去問なども見ることができ、そこで筆記試験問題と正答をチェックすれば、試験勉強や対策も可能です。電話やメールでの問い合わせ窓口もあるので、分からないことも聞けます。保育士を本気で目指すなら、そのサイト情報は必見ですね。

保育園での求人は、保育所に預けて働く女性が増えたことで、保育所の数が都市部を中心に増えていて、好条件の求人も増加傾向です。