短期賃貸マンションであるマンスリーマンションとはどんなもの?

マンスリーマンションは一ヶ月しか借りていられない?

ウィークリーマンションと並んで、短期賃貸マンションと呼ばれているものの一つが、マンスリーマンションです。マンスリーマンションといえば、月単位で借りることのできるマンション、と思われがちですが、実は最低でも30日間の滞在が必要、という制約があるだけで、一ヶ月しか借りることが出来ないというわけではありません。日割りで追加料金を払えば、原則として何日でも滞在することができ、2年間という通常の賃貸マンションと同じ期間だけ借りていることもできてしまうのです。

入居すれば即生活ができてしまうという便利さ

このマンスリーマンションは、一ヶ月という短期間だけでも滞在できる、というだけのものではありません。その最大のメリットは、家具付きであることに加えて、家電製品や炊事道具まで一式揃っていることで、着の身着のままで入居しても、その日から生活することができてしまう、という点なのです。しかも、入居する際には、本人の身分証明書さえあればOKで、敷金に礼金といった入居時費用も必要なければ、身元保証人というものも不要なのです。

通常のマンションと同じように住居として住むことも

わずか一ヶ月という短期間だけでも滞在ができ、しかも家具付きに加えて、家電製品一式に炊事用具一式も揃っていることで、入居すれば即生活ができる、というのがマンスリーマンションなのです。そして、敷金、礼金に、身元保証人という、通常の賃貸マンションを借りる際には必須となる入居時費用や保証人も不要なので、その入居手続きもまことにお手軽なのです。そして、入居すれば立派にそこが自分の住所となりますから、郵便物を受け取ることもできれば、個人オフィスとして使うこともできてしまうのです。

マンスリーマンションは短期の契約が可能なので、いろいろな部屋を試してみたいという方にもオススメです。